日本人にとってどれにどの洗剤を使うかは当たり前と思います。私にとっては物を綺麗に洗えれば何でも、一つの洗剤を使うのは大丈夫だと思いましたけれど、日本人はそう思わないらしいです。
 台所に使う洗剤はお碗に使う洗剤と換気扇のとは全く違う物です。私は「え~なんで?どこが違うの」と思っています。さらに、お風呂に使う洗剤も気になっています。


私はだった汚いものをとるだけではないですか。なんでお碗の洗剤をいろいろな所に使わないの
ですか?」と思っています。使い道の違う洗剤に戸惑った私は洗剤をいろいろ使ってみました。その効果は素晴らしい思いました。例えば、換気扇に
使う洗剤は掃除する人とって本当に区別の必要があると思いました。なぜなら、汚いし油がいっぱいついている頑固なものにただシュシュだけ、とんでもない汚いものもピカピカになりれます。これは私にとっては神様みたいと思います。