お弁当は自分で作るのが日本人にとって普通の事ですが。しかし、周りにいる台湾人がそう思わないと分かりました。
 日本に来てから、夫のためにお弁当を作るのは日課になっています。しかし、この事は周りにいる若い台湾人にとってありえない事です。私は専業主婦であり、お弁当を作るのは当たり前じゃないと思っています。けど、なんで他の台湾人はお弁当を作らない??と考えてもわかりません。
 さらに、ある日、ある若い台湾人は「恋人の同僚は貧しいですね」と言いました。
 「なんで?」と聞きました。
 相手は「お弁当を持って会社で食べますよ」。
 私はこの言葉を聞いたとたんになにも言えなくなりました。
 だって、貧しくないけど、うちも毎日お弁当を作ります。
 今にも何も言えない、、あの人に、、
 
 私は外国じんが日本に来て日本の習慣や文化を分かって慣れるのは大切だと思っています。
 自分の夫を支えてバランスがいいお弁当をつくるのが日本人のいい習慣です。
 貧しいとは関係ないと思っています。
 
 震災直後、毎日深夜まで仕事をした夫に暖かいスープを食べさしあげるのは自分にとって幸せな事ですよ。二人しか分かる幸せですよ。^^
 なので、お弁当は夫に妻の愛ですと思っていますよ。^^